MO1566

特長

  • 出力周波数:32.768 kHz (周波数許容偏差:±5 x 10-6)
  • 世界最小実装面積:1.2 mm2
    ・1.5 x 0.8 mm CSP / ・電源バイパスコンデンサ不要
  • 低消費電流:+4.5 μA (typ.)
  • Improved stability reduces system power with fewer network timekeeping updates

用途

  • スマートウォッチ、ヘルスケア
  • スマートメータ
  • Internet of Things (IoT)
  • Ultra-accurate RTC reference clock

一般仕様

条件: 指定以外は、Min/Max 値は動作温度範囲・Vdd = +1.8V±10%、Typical 値はTA = +25°C・Vdd = +1.8V

項目記号Min.Typ.Max.単位条件
出力周波数範囲Fout32.768kHz 
電源電圧Vdd+1.62+1.8+1.98V 
動作温度範囲T_use-20~+70 / -40~+85 
周波数許容偏差[1]F_stab-5.0-+5.0×10-6All inclusive, without overmold.
アラン分散AD-1e-84e-8-1 second averaging time
経時変化(1年)F_aging-±1.0-×10-6TA = +25°C, Vdd = +1.8V
消費電流Idd-+4.5+5.3μANo load
起動時間T_start--300msVddが既定値の90%に達してからの時間
デューティーサイクルDC45-55% 
0レベル電圧VOL--Vdd x 0.1VIOL = +1.0 μA
1レベル電圧VOHVdd x 0.9--IOH = -1.0 μA
立上り、立下り時間Tr,Tf-9.020ns10 ~ 90% (Vdd), 15 pF Load
位相ジッタIPJ-1.82.5nsRMS Integration bandwidth = 100 Hz ~ 16.384 kHz、Vddに重畳した振幅 +50mV、
周波数100 Hz ~ 20 MHzの正弦波ノイズを含む
RMS ピリオドジッタPJRMS-2.54nsRMS10,000 samples, per JEDEC standard 65B
Peak-to-Peak ピリオドジッタPJp-p-2035nsp-p
Dynamic Temperature
Frequency Response
--0.5-+0.510-6/secUnder temp ramp up to +1.5°C/sec

[1]. 初期周波数偏差、温度特性、電源電圧特性、負荷特性、ヒステリシス、アンダーフィル、3回のリフローを含みます。
Keysight社の周波数カウンタ(53132A)を使用し、100msのゲートタイムにて測定しています。

この他の仕様、または特殊仕様については営業窓口にお問い合わせください。

外形寸法など(クリックすると図が拡大されます)

TEL:(079)425-3141
FAX:(079)425-1134