MO1630

特長

  • 出力周波数:32.768 kHz
  • 小型パッケージ:2.0 x 1.2 mm SMD
  • 低消費電流:+1.0 μA (typ.)
  • 電源バイパスコンデンサ不要
  • 周波数常温偏差:<±20 x 10-6
  • 周波数温度特性:<100 x 10-6 (-40°C ~ +85°C)

用途

  • タブレット
  • 電子書籍
  • スポーツ用ビデオカメラ
  • 産業用及び車載用

一般仕様

項目記号Min.Typ.Max.単位条件
出力周波数範囲Fout32.768kHz 
電源電圧Vdd+1.5-+3.63V 
動作温度範囲T_use-10~+70 / -40~+85 / -40~+105 
温度特性[1]F_stab--+75×10-6TA = -10°C ~ +70°C, Vdd: +1.5V ~ +3.63V
--+100TA = -40°C ~ +85°C, Vdd: +1.5V ~ +3.63V
--+150TA = -40°C ~ +105°C, Vdd: +1.5V ~ +3.63V

初期周波数偏差 [2]

F_init-20-+20×10-6リフロー後, TA = +25°C, Vdd: +1.5V ~ +3.63V.
経時変化(1年) -1.0-+1.0×10-6TA = +25°C
消費電流Idd-+1.0-μATA = +25°C, Vdd: +1.5V ~ +3.3V. No load
--+1.90TA = -10°C ~ +70°C, Vdd max: +3.63V. No load
--+2.20TA = -40°C ~ +85°C, Vdd max: +3.63V. No load
--+2.80TA = -40°C ~ +105°C, Vdd max: +3.63V. No load
起動時間T_start-180300msTA = +25°C ±10°C
--450TA = -40°C ~ +70°C
--500TA = +85°C
-800-TA = +105°C
デューティーサイクルDC48-52% 
0レベル電圧VOL--Vdd x 0.1VVdd: +1.5V ~ +3.63V, IOL = +10 μA, 15 pF
1レベル電圧VOHVdd x 0.9--VVdd: +1.5V ~ +3.63V, IOH = -10 μA, 15 pF
立上り、立下り時間Tr,Tf-100200ns10-90% (Vdd), 15 pF load, Vdd = +1.5V ~ +3.63V

[1]. 測定値は、最大値と最小値の幅で計算されます。+25℃での初期周波数偏差、温度特性、動作電源電圧範囲での電源電圧特性、負荷特性を含みます。
また、電源電圧+1.5V以下では、周波数偏差は大幅に劣化します。
[2]. 測定値は、最大値と最小値の幅で計算されます。Keysight社の周波数カウンタ(53132A)を使用し測定しています。
低動作周波数での正確な周波数の測定を行う為には、ゲートタイムを100ms以上に設定する必要があります。

この他の仕様、または特殊仕様については営業窓口にお問い合わせください。

外形寸法など(クリックすると図が拡大されます)

TEL:(079)425-3141
FAX:(079)425-1134