History

沿革

大真空の歩み

19591959年
  • 長谷川一夫により、神戸市に電子部品、水晶振動子の部品加工を業とする大和真空工業所を創業

history_1977

 1963年
  • 株式会社に組織変更
 1965年
  • 水晶振動子部品(ベース)の量産を開始
19701970年
  • 東京営業所を開設

history_1973

history_1974

 1973年
  • 黒田庄工場(現 西脇工場)を新設、トランジスターの生産を開始
 1974年
  • 市川工場(現 神崎工場)を新設、世界最大級の人工水晶量産プラントを稼動
 1976年
  • 宮崎工場(現 株式会社九州大真空)を新設、音叉型水晶振動子の生産を開始
  
  • 加古川市に本社社屋を竣工
  
  • 加高電子股份有限公司を設立
 1977年
  • DAISHINKU (AMERICA) CORP. を設立、米国市場に水晶振動子の供給を開始
19801980年
  • 鳥取工場(現 鳥取事業所)を新設、水晶振動子を増産

history_1980

  
  
  • 水晶フィルタ、クロック用水晶発振器の生産を開始
 1981年
  • 大真空(香港)有限公司を設立、香港・中国市場に音叉型振動子の供給を開始
 1983年
  • 株式を大証2部に上場

history_1983

  
 1984年
  • 加古川市に中央研究所を竣工
  
  • 徳島工場(現 徳島事業所)を新設、人工水晶、部品から水晶デバイスまでの一貫生産拠点が稼動
  
  • 水晶光学部品の量産を開始
 1985年
  • 徳島第二工場を新設、セラミック製品の生産を開始
 
  
  • 加古川市に物流センターを開設
 
 1987年
  • 名古屋営業所を開設
 
  
  • 温度補償水晶発振器(TCXO)、電圧制御水晶発振器(VCXO)の生産を開始
 
 1988年
  • DAISHINKU (SINGAPORE) PTE.LTD.を設立、アセアン地区への販売を強化
 
 1989年
  • 創業30周年を機に、社名を「大真空」に変更

history_1989

  
  • PT. KDSインドネシアを設立、水晶振動子の海外生産を開始
19901991年
  • 株式を大証1部に上場
 
  
  • DAISHINKU (DEUTSCHLAND) GmbHを設立、欧州地区への販売を強化
 1993年
  • 天津大真空 有限公司を設立、音叉型水晶振動子の海外生産を開始
 1996年
  • 品質国際規格ISO9001取得
 1998年
  • 自動車メーカー品質規格QS9000取得
20002000年
  • 環境保護国際規格ISO14001取得

history_2003

 2001年
  • 海外生産強化のため天津大真空有限公司を増床
 2002年
  • 世界的な自動車産業規格であるISO/TS16949 取得
 2003年
  • 上海大真空国際貿易有限公司を設立、中国への販売を強化
  
  • 加高電子股份有限公司を連結子会社化し、水晶事業を強化
20102010年
  • DAISHINKU(THAILAND)Co.,LTD.を設立

history_2012

 2012年
  • 中央研究所を増床
 2013年
  • 株式を東証1部に上場